FC2ブログ
TOP > 京都大学 山中教授
 ← 万能細胞 皮膚 | TOP | 遙か4 3月

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


京都大学 山中教授 

2007年11月23日 ()
ドリー生みの親 クローン研究断念
MSN産経ニュース
山中教授は昨夏、マウスの皮膚細胞に遺伝子操作を加えes細胞と同じ働きをする新たな「万能細胞」をつくるのに成功。ヒト細胞への応用も可能とみられており、同博士は山中教授の研究の方が「社会的に受け入れられやすい」と評価している。(続きを読む)


ヒトクローン胚研究を断念 羊のドリーつくった英博士
東京新聞
ウィルムット博士は今後、山中教授の業績を参考に新たな研究に取り組むとみられるが、クローン研究のパイオニアの方針転換は、世界の研究者に衝撃を与えそうだ。 ヒトクローン胚研究は、多様な細胞に成長できる万能性を備え、かつ拒絶反応の心配もない胚性幹細胞(es ...(続きを読む)


ドリー生みの親、ヒトクローン胚研究を断念
AFPBB News
山中教授らは、胚を使用せず、マウスの皮膚細胞から幹細胞を作り出すことに成功している。 一部の研究者によると、ドリーを誕生させるために用いた手法は全体的な成功率が低く、また多数の卵子が必要とされるという。(c)afp.(続きを読む)




学者になるなら京大
昨日は、京都大学の山中教授のグループが、人の皮膚由来の細胞から ES 細胞みたいにいろんな組織に分化できる細胞(iPS細胞というらしい)を作ることに成功した、というニュースをやっていた。すげー、素人目にもノーベル賞もんだとわかる。20日付け ...(続きを読む)


世界初ヒト皮膚から万能細胞、拒絶反応なし
... 反応のない移植医療の実現に向け、大きな前進となる成果だ。山中教授は「数年以内に臨床応用可能」との見通しを示している。米科学誌「セル」電子版に20日掲載される。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071120it14.htm?from=top 続きを読む.(続きを読む)


ヒトクローン胚研究を断念 「ドリー」誕生の英博士について
京都大の山中伸弥教授らが研究している別の手法の方が、治療用の万能細胞づくりには有望だと判断したためという。 ウィルムット博士は今後、山中教授の業績を参考に新たな研究に取り組むとみられるが、クローン研究のパイオニアの方針転換は、世界の研究 ...(続きを読む)



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.23(Fri) 04:32] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 万能細胞 皮膚 | TOP | 遙か4 3月

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。